スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不倫は楽しいにあたりまえだった

不倫はお互い責任がないので、まさにいいとこどりです。
楽しいに当たり前なのです。

秘密の恋愛なのでいつも会えるわけでもなく、それはお互いにあまり悪い面が
見えない(目立たない)という利点があります。
そして短時間しか会えないのでその瞬間に燃え上がります。

今までそんな恋愛をしたことがなかった私にとって
Yとの不倫は楽しくて仕方ありませんでした。

そして私はYを本当に愛しているのだと思うようになりました。
もちろんYも私を愛しているといつも言っていたので
お互い同じ気持ちだと思うようになったのです。

夫は私が不倫しているのを知っていたのか知らなかったのかは今でもわかりません。
ただ、すでにその時点で夫婦生活は破綻していました。

夫が何も言わない事をいいことに私も深夜に帰るのことが当たり前になりました。
不倫をしているくせになぜか罪悪感もあまりなく
堂々としていた記憶があります

そして私はYとの恋愛こそが本当の恋愛なんだと錯覚していきました

スポンサーサイト

不倫相手との出会い

結婚当初はずっと夫と同じ会社で共働きをしていましたが
その後、彼の転勤に伴い、悩んだ結果、私が会社を退職する事にしました。
結婚後2年、27歳くらいだったと思います。

子供もいない専業主婦、おまけに転居先に友達や知合いもいなかったので
毎日がひまで仕方なくなり、私はパートに働きに出る事にしました。

パート先の上司Yと知合いました。私の不倫相手となった人です。
Yは私の2つ年上で私と同じようなアルバイト契約で店舗管理をしていました。

私が最初に就職して退職した会社は本当にいい会社でした。
勤務している人は夫と同様、真面目で遊んでない人ばかりでした。
(結婚するならそういう人がいいに当たり前なのに・・・)

私はバカだったので勝手気ままなフリーターのYに惹かれていきました。
Yはいろんな遊び方をたくさん知っていました。
(今思えば ただの遊び人なのに・・)
不器用で真面目な夫に比べ、Yは女の扱い方をよく知っていたんだと思います。

パートが終った後にYに誘われるままドライブに行ったり
飲みに行ったり遊びに行くのが楽しみになりました。

Yの勝手気ままな人生観などもそのまま鵜呑みにし
Yが言っていること全てが新鮮で魅力的に感じました。

27歳にもなって本当にバカな女でした。
夫が何も言わない事をいいことに私はYとの不倫におぼれていくことになります

プロフィール

ゆりあ2013

Author:ゆりあ2013
にほんブログ村 恋愛ブログへ

最初の結婚から不倫、そして離婚して不倫相手と結婚、その後の結婚生活と結末について書いています

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

ブログ村ランキング

リンク

お気に入り

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセス

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。