スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の部屋から見つかったもの~確信

夫Yの部屋は四畳半に押入れがひとつある小さな部屋でした
家を購入してからは いつもそこに閉じこもっていた彼

前にも話した通り、片付けられない夫のその部屋には
ゴミが散乱していました
私は夫がその部屋を汚くしている事に関してはもうあきらめて
いましたので掃除もしていませんでした

そしてその夫のだらしなさのお陰で
部屋でいろいろなものを見つけることができたのです

床や机に無造作に置かれてあったたくさんのレシート
どこかのレストランや居酒屋?で食事した会計のものが多数ありました
レシートには人数が記載されていたものがあり
大人2名・・・

そしてあきらかに女性へのプレゼントと思われる品物のレシート
カードで購入したと思われる領収書
キャッシングの領収書

怒りで夫の部屋を探していたはずの私でしたが
証拠になりそうなレシート1枚1枚を広げて見ているうちに
涙がこぼれて止まらなくなりました

レシートを持っている手は震えていました
私の強い怒りの感情は 深い悲しみに変わりました

そして押入れの中
押入れには彼の洋服がしまってある収納ケースがありました
その引き出しの中には エッチなビデオや本の他に
プレゼントと思われる包み紙や箱がありました
箱の中身はカラでしたがネクタイと思われました

夫には確実に女がいるのだ
借金は女のためだったのだ
私はそう確信しました
関連記事

また夫が借金をしていた

夫Yは相変わらずとにかくお金を欲しがっていて
夫の母親からは頻繁に電話がかかってきていたので
これは絶対に何かある!
と確信した私は義母に本当の事を話して欲しいとお願いしました

申し訳なさそうに話す義母
また夫は母親からお金を借りていたのです

夫はローンが苦しくて大変だと
さもご両親が勧めた家を購入したせいで生活に困っていると言っては
母親からお金をもらって(借りて?)いたのです

そして更に信じられない事に
また消費者金融からもお金を借りているのではないかと言われました
消費者金融からの手紙が実家に届いていると・・・

いったいこれはどういう事なのか
少ない収入でしたが夫には必要なお金は渡してありました
月に何回も飲み会があり、飲み代はその都度渡していました
それでも足りないとはいったい何にお金を使っているのか

しかも私には内緒で生活費に困っているからと義母からお金を借りていて
そのお金はいったい何に使ったのか

夫に対して強い疑惑と怒りがこみあげてきました

子供はまだ1歳ちょっと
私はまだ子供と一緒にいてあげたかったのに
お金がないから生活ができないからと
子供を一時保育や夫の実家に預けて私は必死に働いているのに
ご両親だって私達家族を応援してくれているから快く引き受けてくれているのに

私だって欲しいものは何も買ってない
夫と結婚してから贅沢なんて全くしていない

毎日100円それこそ10円単位で安いものを買って
生活を切りつめているというのに夫は一人で何万円も使っている

私は夫が許せなかった
何に使っているのか、何をしているのか徹底的に調べてやる
私はこのとき夫を愛していたのか
何がしたいのか自分でもわからなくなっていました
関連記事

セックスレス~私の気持ち 嫌な予感

夫Yと私は完全にセックスレスになっていました
よく夫婦で話合いをして・・・という意見を聞きますが
私はこの話合いは無意味であることがわかっていました
したくない方にとっては、その話合いすらしたくないのです

元夫とのセックスを拒否して不倫、そして再婚
そこに待っていたのは
今までは自分がしてきたことを夫にされることだったのです
何度か書いていますが、まさに因果応報です

こんなはずじゃなかった
夫Yと結婚したら不倫期間のような
楽しいラブラブな時間が過ごせるはず

不倫して夫やたくさんの人を傷つけた私には
そんな甘い時間は望んではいけなかったのかもしれません

当時私は30歳と少し過ぎたところでした
この先も一生、誰ともセックスをしない
その現実が何となく空しく 寂しく感じてはいましたが
それに関してはもうあきらめのような感情になっていました

ただ夫と身体の関係がなくても
普段の生活で別の愛情を確かめ合う事がしたい
そんな事を考えていました

夫は家を購入してからは自分の部屋ができたので
そこにパソコンを持ち込み
家にいる間はずっとパソコン部屋にとじこもるようになりました
当然、夫婦の会話などもほとんど皆無です

我が子のことは可愛がってはくれていましたが
その頃からなんとなく彼の心は私達の家族から離れているような
そんな気がしていました
心ここにあらずというか・・・(いわゆる直感です)

そしてその頃から
夫は私の知らない時間に実家にこっそり帰っていたり
夫の母親から頻繁に電話がかかってくるようになり
また嫌な予感がしていました

にほんブログ村 恋愛ブログ 愛の軌跡・記録へ
関連記事

セックスレス~レスする側される側

前の記事でレスするほうに問題があると書きましたが
結婚して配偶者とのセックスを理由もなく一方的に拒否する方は
当然、配偶者が外で他の人とセックスするのは仕方ない
許してあげるというのが当たり前のような気がします

自分が配偶者とセックスはしたくない
でも配偶者が他でセックスをするのはダメだという考えは
かなり傲慢でワガママな考えだと思います

それって
自宅にある食事は食べちゃダメだけど外食もしちゃいけない!
それと同じ事のような気がします

私自身、レスする側、される側になって思った事なんですが
(またいろんな方のブログも参考にもしています)

実はレスされて悩んでいる方のほうが
本当に配偶者を愛していて、配偶者とだけ仲良くしたい
配偶者を大切にしたい そう思っている人が大半のように思います

逆にレスしている側の方は
あまり相手の気持ちをわかろうとしていません

それと
結婚前からレスぎみだったというカップルの場合
かなりの確立で結婚後もそれは続くような気がします
恋人同士の間なら簡単に別れて 別の相手を探す事も出来ますが
結婚後はそう簡単にはいきません

厳しい言い方かもしれませんが
結婚前からセックスレスぎみで悩んでいる人は
結婚したら改善するかも?!
という甘い期待は持たない方が良いでしょう

したくない人は相手が何をしてもしたくないのです
そして「セックスがしたくない」というより
「そのパートナーとはしたくない」そういう事なのだと思います

もちろん上に書いたのはあくまでどちらか一方が拒否しているという例であり
双方合意の上で
「お互いセックスは必要が無い」
「セックスしなくても愛情があり仲がいい」
とお互いが不満なく仲良く夫婦生活を続けられているのなら
セックスは必要なく、双方セックスレスで悩む事はありません
関連記事

どうしてセックスレスになるのか

念願のマイホームも手に入れ
可愛い我が子は病気もせず健康に元気に育ってくれて
夫は子煩悩で我が子をとても可愛がってくれて
私達家族は、外からみたらとても普通の幸せな家族に見えた事でしょう

けれど結婚してからはずっと・・・
セックスはありませんでした

その頃の私は夫とのセックスレスにとても悩んでいて
ネットでセックスレスについて調べたりしていました

「どうして夫婦はセックスレスになるのか」

よく夫にレスされている女性に対してのアドバイスに

「結婚して安心しすぎて女を捨ててるんじゃないか」とか
「産後太りしてるからダイエットして綺麗になれ」とか
「たまには化粧して自分から誘って・・」とか

また妻にレスされている男性に対しては

「自分本位のセックスをしているからじゃないか」とか
「育児や家事を手伝え」とか

レスされている側に「問題がある」「努力が足りない」という意見が
数多くみられました
でもこれは全く違うと私は思っています

私も当時はいろいろ努力してみたり
夫と話合いをしたりすることもありました
でも自分の過去の経験に照らし合わせて考えてみても
恐らくレスされている側に問題というのは、あまりないような気がしています
(またレスしてる側が女性と男性でも原因は違うかもしれません)

自分が最初の結婚で元夫とセックスはしたくなかった
ここにヒントがあるようにも思いました

夫婦のセックスレスは
レスされてる側にも問題がある事もあるかもしれませんが
私はレスしてる方に問題があると感じています
関連記事

プロフィール

ゆりあ2013

Author:ゆりあ2013
にほんブログ村 恋愛ブログへ

最初の結婚から不倫、そして離婚して不倫相手と結婚、その後の結婚生活と結末について書いています

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新記事

ブログ村ランキング

リンク

お気に入り

検索フォーム

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

アクセス

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。